Return to site

 

復元ドライヤーの正しい使い方シリーズその②

富山県高岡市のCANNONの代表を務めています久保一三です!

昨日に引き続き、まだまだ人気沸騰中の『復元ドライヤー』の

効果的な使い方をお届けしてゆきたいと思います

復元ドライヤーの凄さは上のリンクをクリックしてくださいね

当店の『復元ドライヤー関連』ブログでも、いまだに尾を引いていて

アクセス数が殺到しています!

見ていただいたら復元ドライヤーの凄さが伝わってくると思いますよ(笑)

早速本題なのですが

前回のポイントは?

『できるだけ近づける』と書きましたが

今回のテーマは『できるだけ振らずに』というのが

ポイントになってきまね

はいっ!

それではどうして従来品のドライヤーは、手首を振りながら乾かしていたのでしょう

これは、高温の風を一定時間、同じところに当て続けると

頭皮が火傷するほど熱くなってしまったり

ドライヤーからの熱害で髪が傷みやすくなったり

してしまうからですね。

『復元ドライヤー』はとにかく熱くないので

風が直接頭皮にあたり続けても、火傷もしないですし

よっぽど吹き出し口がくっつくぐらい近づけないと熱くないので

振りながら乾かす必要もないんですよね!

自分も気づいたらドライヤーを振りながら乾かしているときあるので

冊子にあるようにもっとドライヤーの口を髪に近づけて

振らずに乾かそうと再認識しました。

今日、お伝えするもう一点はのポイントは

髪を散らすようにすると、乾きにくくてまとまりずらいという事でした!!

という事で、頭皮や髪に対して垂直に当てるのがベストのようですね

という事は昨日から今日のポイントを合わせてみると

できるだけ『近づけて』

できるだけ『振らずに』

できるだけ『垂直に』

という部分を意識して使っていただくと

今まで普通に使ってらしたからは

もっともっと『復元ドライヤー』の効果を体感することが

できるかもしれませんね!!

明日も引き続き、大人気の『復元ドライヤー』のお話を音時したいと思います!!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly